相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 戸籍 » 戸籍の種類

戸籍の種類

戸籍を大きく分けると「戸籍」、「改正原戸籍」、「除籍」の3種類となります。

「戸籍」

 一般的に「戸籍」というと「現戸籍」を指します。届出をした現在の情報が記載されている戸籍です。「戸籍謄本」を請求した場合に交付されます。

「改正原戸籍」

 法令に基づき、新しい戸籍が編成されることがあります。役所では「はら戸籍」と呼ばれています。法律の改正などのため新しい様式に書き写す作業をするのですが、全ての事項を書き写す訳ではありません。過去には記載されていたものが、「現戸籍」には記載されていないことがあります。そこでこの記載を保存するために、「改正原戸籍」というものが存在します。

「除籍」

 現在の戸籍は、家族単位になっていて、本人と配偶者それにその子供までしか記載できません。戸籍に孫や祖父祖母などを記載することはできないことになっています。そこで、子供が婚姻すると新たに戸籍を作成し、もともとの戸籍からは除かれます。やがて夫も妻も死亡し、その戸籍には誰もいない状態になります。

こうして、全員に×がついた状態、又はコンピューター化された戸籍の場合は、全員に除籍と記載された状態になり、その戸籍は「除籍簿」というものに綴られます。このつづられた戸籍のことを「除籍」と呼びます。

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab