相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 遺言 » 遺言が必要な人

遺言が必要な人

遺言が必要な人(相続でもめそうなケース)

  1. 家庭不和の場合
  2. 相続人以外の特定の人に財産を与えたい場合(内縁の妻や配偶者の連れ子、息子の妻又は孫に与えたい場合)
  3. ある相続人に対して法定相続分以上に特定の財産を与えたい場合(事業承継の場合や後継者又は妻の老後の生活の安定のために多く財産を与えたい場合)
  4. 子供がなく、配偶者と親又は兄弟が相続人となる場合
  5. 認知したい子供がいる場合
  6. 先妻の子供と後妻がいる場合
  7. 相続人が全くいない場合
  8. 財産が不動産ばかりの場合
  9. 子供などに生前贈与を行っていた場合
  10. 特定の人だけが親の介護をしていた場合
  11. 財産もあるが借金もある場合
  12. 連れ子がいる再婚である場合

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab