相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 遺言 » 遺言の形式

遺言の形式

遺言の種類と特徴

1.遺言の種類

遺言には普通方式遺言と特別方式遺言の2種類があります。一般的な遺言は普通方式遺言で、特別方式遺言は通常では使用されることはありません。

1.普通方式

①自筆証書遺言

②公正証書遺言

③秘密証書遺言

2.特別方式

①一般臨終遺言

②難船臨終遺言

③伝染病隔離者遺言

④在船隔離地遺言

2.普通方式遺言の種類

種類 自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
作成方法 本人が遺言の全文・日付・氏名等を書き押印する※ワープロ。録音不可 本人が口述し、公証人が筆記する。※必要書類 印鑑証明、身元確認の資料、戸籍謄本、登記簿謄本等 本人が遺言書に署名押印の後、同じ印で遺言書を封印する。公証人の前で本人の遺言である旨と住所氏名を申述し、公証人が日付と本人が申述した内容を書く。※ワープロ、代筆可
証人 不要 証人2人以上 証人2人以上
署名押印 本人 本人、公証人、証人 本人、公証人、証人
裁判所の検印 必要 不要 必要

3.自筆証書遺言

 本人が全て自筆で作成することが必要で、パソコンやスタンプは使えません。又ビデオや録音による遺言も認められていません。様式については制限が無く、縦書きでも横書きでも良く枚数の制限もありません。必要事項を自分で記入すれば出来上がりで、最も簡単にいつでも作成できて、証人も不要です。ただ、手軽な分問題も多く、間違いや財産の記載漏れ、あいまいな表現だったりすると後でもめる原因になります。日付漏れや押印漏れがあったために遺言書自体が無効になることもあります。又わかりやすい場所に保管すれば偽造や破棄されたりする危険も。分かりにくい場所であれば誰にも発見されない恐れもあります。開封には裁判所の検認手続きが必要です。

4.公正証書遺言

 公証人に対して口述し、遺言を作成してもらいます。2人以上が立ち会うことが必要で最も確実な遺言です。公証人役場で1通保管してくれるので、偽造や紛失の心配もありません。以上の様な長所がある反面費用がかかる、手続きが煩雑である等の短所があります。内容の記載漏れや間違いなどは公証人でも気づきにくいので、完全を期すなら行政書士などに相談する方が無難です。開封時に裁判所の検認は必要ありません

5.秘密証書遺言

 遺言を作成した事は明確にしたいが、内容は秘密にしたい場合に利用されます。本人が作成することが基本ですが、ワープロや代筆によること(本人の署名が必要)もできます。2人以上の承認が必要で、遺言者が署名押印し、同じ印で封印しなければなりません。内容を秘密にできて公証役場に1通保管されるため自筆証書遺言のように偽造や紛失のリスクはさけられます。費用は公正証書遺言よりも安くできます。内容に不備があれば無効のおそれも。開封には裁判所の検認が必要です。

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab