相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 戸籍, 相続にともなう手続き » 相続の時に必要な戸籍

相続の時に必要な戸籍

相続手続

人が死亡したときは財産の多い少ないにかかわらず、相続手続が必要です。

相続人が相続手続で初めにやらなければいけないことが、被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍の取得です。戸籍、改正原戸籍、除籍をもれなく取得することが必要です。

人は一生のうち複数の戸籍に在籍することが普通です。前妻との間に生まれた子供などは、現戸籍に載っていないこともあります。新しい戸籍に古い戸籍の全ての情報が転記されている訳ではないためです。
そのため、出生から死亡までの全ての戸籍を取得して法定相続人を確定させる必要があるのです。
ただし、実務上は幼少期以前の戸籍がなくても、その間に子供が生まれている可能性はほぼ0なので、そこまで取得しないことも多くあります。

出生時の戸籍かどうかの判断は、戸籍編成日と生年月日とを比べて、生年月日の日付の方が新しい場合は、出生時の戸籍ということになります。

生年月日の方が古い日付の場合はまだ他に出生時の戸籍が存在するということです。

法定相続人が他にいることに気づかずに、遺産分割協議をして協議がまとまってもその協議は無効となります。又色々な手続きをするにも戸籍がすべて揃っていないと進めることができません。

死亡時からさかのぼって戸籍を取得するのは慣れないと難しいので、役所の人に相談しながら取得するか、他にも手続きが必要な場合や一つの役所で全て取得できない場合などは行政書士などの専門家を利用して下さい。

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab