相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 戸籍, 相続にともなう手続き » 相続関係図

相続関係図

戸籍の全てを取得できたら、相続人の確定の作業に入ります。

その際に作成するのが「相続関係図」です。

死亡した「被相続人」を中心に法定相続人が誰になるのかを分かりやすく図にします。

1.「死亡年月日」、「被相続人」の「配偶者」、「子」、「父母」、「兄弟姉妹」などを記入していきます。

2.相続人が死亡している場合でも「代襲相続」によって「相続人の子」が代わって相続人になるケースがありますので、死亡者にはわかりやすくするため「亡」などの記号を付けます。

3.遺言で、法定相続人以外の人に財産を「遺贈」(法定相続人以外に財産を渡す場合は、相続ではなく遺贈と言います)するような記載がなければ、法定相続人が財産を取得します。

4.戸籍の記載内容に注意して「認知した子」など記載漏れがないか確認します。

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab