相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 相続にともなう手続き » 相続前の贈与の相続財産への加算

相続前の贈与の相続財産への加算

相続開始前3年以内の贈与財産の加算

相続や遺贈によって財産を取得した者が、相続開始前3年以内に贈与によって財産を取得したことがある場合(同じ被相続人から)、贈与によって取得した財産を相続財産に加算して相続税を計算します。
そして、贈与によって取得した財産について贈与税を支払っている場合は、相続税から控除されます。

  • 贈与を受けた財産の評価は、贈与を受けた当時の評価額となります。
  • 相続開始前3年以内とは相続の開始の日からさかのぼって3年目の応当日(相続開始日と同じ日)までとなります。
  • 3年以内に贈与を受けた場合でも、相続や遺贈によって財産を取得しない者には適用はありません。
  • 贈与税の配偶者控除の適用を受けた部分の金額については適用はありません。

遺留分算定の基礎となる財産の加算

遺留分の算定の基礎となる財産は、相続財産に相続開始前に贈与した財産を加え、その中から借金などの債務を控除して算定します。

  • 贈与の時期は、相続人に対して行った贈与したは、年限がなく持ち戻されます。
  • 相続人以外の者に行った贈与については原則として1年以内の財産が対象となります。ただし、遺留分を侵害することを被相続人と贈与を受けた者が知っていて贈与を行った場合は、1年より前の贈与財産も含まれます。
まとめると遺留分の計算の基礎となる財産の計算式は次のようになります。
遺産+相続人への生前贈与+相続人以外への1年以内の生前贈与-債務

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab