相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 相続にともなう手続き, 遺産分割 » 遺産の名義変更(預貯金)

遺産の名義変更(預貯金)

預貯金

 

預金口座

 金融機関は、預貯金をしている人の死亡を知った時点で、預金口座を凍結します。口座振替等も停止となります。
 
 葬儀費用の支払等で、遺産の分割協議前に、お金を引き出したい場合があります。そんな時はどうすればいいのでしょうか?

 原則として、遺言や、遺産分割協議書等によって預金を取得することになった人が預金の名義変更の手続きや払い戻しの手続きをおこないますが、金融機関は、遺言書がなく遺産分割協議前でも法定相続人全員の合意があれば、一部の払い戻しに応じています。
 金融機関によっては、相続人全員の合意がなくても、払い戻しに応じているところもあります。

 払い戻しの請求は、金融機関によって手続き書類が違います(以下の表参照)。
 共通しているのは、いずれの場合でも「相続人関係表」を添付しないといけないことです。

 

請求手続
  1. 「相続届」、「念書」
  2. 「死亡届」、「葬儀費用(納税費用)支払いのための相続に関する依頼書」
  3. 「預金払い戻請求書」
  4. ※ 金融機関によって上記書類が異なりますが概ねこの3パターン。

添付書類 「相続人関係表」、「預金通帳」、「キャッシュカード」、「証書」、「(死亡した人の)戸(除)籍謄本」、「改正原戸籍謄本」、「相(続人全員の)戸籍謄本」、「(相続人全員の)印鑑証明」
提出先 (死亡した人の)預貯金がある金融機関の支店

銀行預金の名義変更

 

  • 死亡した人の預金口座のある金融機関に、残高証明書の発行を依頼し預金残高を確認します。
  • 遺言書がない場合は、遺産分割協議書が作成されているか法定相続人全員の同意が必要です。

請求手続
  1. 「相続届」、「念書」
  2. 「死亡届」、「葬儀費用(納税費用)支払いのための相続に関する依頼書」
  3. 「預金払い戻請求書」
  4. ※ 金融機関によって上記書類が異なりますが概ねこの3パターン。

添付書類 「遺言書」か「遺産分割協議書」、「(遺言による場合は)遺言執行者の印鑑証明」、「相続人関係表」、「預金通帳」、「キャッシュカード」、「証書」、「(死亡した人の)戸(除)籍謄本」、「改正原戸籍謄本」、「相(続人全員の)戸籍謄本」、「(相続人全員の)印鑑証明」
※ 金融機関により多少異なります。
提出先 (死亡した人の)預貯金がある金融機関の支店

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab