相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 相続対策 » 生命保険の活用

生命保険の活用

死亡保険

非課税限度額

 生命保険金について、500万円×法定相続人が非課税となります。 相続を放棄した人がいても相続の放棄がなかったものとして人数の計算をします。例えば、相続人が4人いてその内の1人が相続放棄している場合でも、非課税枠は

 500万円×4人=2,000万円

 となります。相続を放棄した人がいても、人数にはカウントするわけです。
 ただし相続を放棄した人が保険金の取人の場合、その保険金については、非課税枠を使えません。この場合2,000万円は残りの3人の相続人しか適用することができません。

非課税限度額の計算例

 
 ① 相続人が4人で、保険金が2,000万円の場合

  500万円×4人=2,000万円(非課税限度額)=2,000万円(保険金額)

  で保険金全額について非課税となります。

 ② 相続人が4人で、保険金額が5,000万円、その内母が2,000万円、子それぞれ1,000万円
   の場合

  500万円×4人=2,000万円(非課税限度額)
  
   母 2,000万円×2,000万円÷5,000万円=800万円(母の非課税限度額)  1,200万円
   が相続税の対象

   子 2,000万円×1,000万円÷5,000万円=400万円(子一人の非課税限度額) 600万円
   が相続税の対象

  となり母800万円、子それぞれ400万円で合計2,000万円の非課税限度額となりそれを超える
  分は相続税がかかります。

 ③ 上記②の条件で、母1人が5000万円の保険金を受け取った場合

   母 2,000万円×5,000万円÷5,000万円=2,000万円(非課税限度額)  3,000万円が相
   続税の対象

 ④ 相続放棄した相続人・法定相続人以外の人が保険金を受け取った場合

   非課税枠 0

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab