相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 相続対策 » 生命保険の活用②

生命保険の活用②

保険金を相続財産にしない方法

 生命保険の死亡保険金には控除額があるとはいえ相続財産となってしまいます。

 ところが、保険金を受け取る人が保険料を支払ってたのなら相続財産とはならず、一時所得となります。ある程度資産のある方なら、相続税額より一時所得の税額の方が安くなることが多いので、この方法を使った相続税対策もあります。

 方法としては、贈与税の基礎控除である110万円の控除を使って、毎年現金を相続人へ贈与します。この現金を使って相続財産を持っている親等の被相続人に対し死亡時に保険が受け取れる生命保険をかけます。

 もしも被相続人が死亡した場合には、死亡保険金が給付されますが、この死亡保険金額は相続財産とならずに、一時所得として課税されます。

 課税される一時所得の計算式は

 (死亡保険金-払込保険料-50万円)×1/2=課税される税金の額

となり、生命保険に加入できるかどうかという問題はありますが、相続資産を減らすこともでき、節税と納税資金の有効な対策となります。

 注意点は

 ①保険の契約者、被保険者、保険受取人を誰にするかを間違えない事
 ②子等の相続人自身が、契約者本人であるという認識がきちんとあるかどうかという事

 です。

 保険と税金の知識の両方があるCFP等の専門家に相談するのがいいでしょう。

 

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab