相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 相続対策 » 失敗しない相続対策①(遺産の分割)

失敗しない相続対策①(遺産の分割)

相続対策

 相続の対策というと節税がすぐに頭に浮かぶと思いますが、相続対策は何も節税だけではありません。相続対策には1.遺産分割対策というもめない分け方の対策 2.納税するための資金の対策 3.節税対策と大きく分けると3つの対策が必要です。「相続人の誰に何を承継させるか?それをして家族間で争いにならないか?」という問題。次に「相続税を納めなければいけない者が税金を払えるのか?」という問題。そして「少しでも多くの財産を次世代に残したい。税金を少しでも安くしたい」という問題。特に相続を心配される方は土地等の不動産を所有されている場合が圧倒的に多いので、不動産の相続対策も重要になってきます。合法の範囲での節税対策を含めて、これだけの対策をバランスよく考ておく必要があります。次回以降順を追って検討していきます。

もめない相続ための対策

 相続において最もトラブルになりやすいのは誰がどの財産を相続するかということです。すぐに現金が欲しい人もいれば、収益物件としての不動産が欲しいという人もいます。不動産は時価と相続税の評価額が違うため、相続税評価額で遺産を分けると財産の価値が平等ではなくなりますし、時価で分けると支払う相続税の額が不平等になります。親の面倒を見ている相続人は、そうでない相続人よりも多くもらって当然と考える場合もあります。もめない相続ためにはどうすればいいのでしょうか?

遺言書を作成する

 相続でもめることになる場合、遺言書がないケースが非常に多く見られます。故人の遺志を明確にしたものがあれば多少不満があっても納得せざるを得ないものです。それでも遺言書を開示する場合には本人の意思を直接確認することができませんので、偽造や無理やり書かせたのではないかといったトラブルが起きないように法的な要件を満たした物を作成する必要があります。

売却や交換・買替など分けやすい財産に変える

 財産を売却し、お金に換えて分け合うなど、分けやすくして分割することを検討する必要があります。ただし自宅を売却すると小規模宅地等の特例が使えなくなることもあるので注意が必要です。

代償分割

 相続財産を取得し、その代わりに自分の固有財産を他の相続人に支払うことを代償分割といいます。不動産を相続し自分の持っている現金を他の相続人に支払う場合などが当てはまります。代償分割を行う相続人に資力が無ければ難しいのですが、保険を使うという方法もあります。

生命保険の活用

 分割しにくい財産を一人の相続人が相続し、保険金を他の相続人が受け取るケースやすべての相続財産を一人が相続し保険金の中から他の相続人に支払う等の方法があります。この場合にも遺言書で相続財産を特定の相続人が受け取ることができるようにしておく必要があります。

共有にする

 不動産等分割しにくい財産を共有にしているケースをよく見かけますが、この方法はあまりお勧めできません。1.将来売却する場合や利用したい場合に自由にならない2.相続が起こった場合に共有者がどんどん増えていくといったデメリットがあまりにも多く、後々のもめ事を作るようなものです。
 
 完璧な平等はあり得ないのですが、なるべく公平だと皆が納得できるようにもめない相続にしたいものです。

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab