相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 相続豆知識 » 相続人と法定相続分

相続人と法定相続分

相続人に関するルール

1.相続人の順位


相続する権利のある人は決まっていて、相続人の中でも優先順位が決まっています。

  1. 第1順位・・・・・子

     子は第1順位で相続人となります。子が数人いる場合は均等に分割します。男女の間に差はなく、長男でも次男でも三男でも同じです。又結婚していて戸籍や姓が別になっていても相続人として同様に扱われます。子がすでに亡くなっている場合はその子(孫)が代わって第1順位の相続人となります。(代襲相続といいます。)孫もなくなっていれば曾孫とその下に何代でも代襲できます。

  2. 第2順位・・・・・直系尊属

     父母や祖父母など自分より前の世代に属する人を尊属といいます。第1順位の相続人がいない場合、被相続人の父母が第2順位の相続人となります。父母がいない場合で、祖父母がいる場合は祖父母が第2順位の相続人となります。

  3. 第3順位・・・・・兄弟姉妹

     第1順位、第2順位の相続人もいない場合、兄弟姉妹が第3順位の相続人となります。兄弟姉妹もなくなっている場合、兄弟姉妹の子が代襲相続人となります。第1順位、第2順位と違って代襲相続は1代しかできません。

2.法定相続分

遺言による相続分の指定がなければ、民法で定める相続分によって相続する相続財産を分けることになります。

  1. 配偶者のみが相続人の場合は、配偶者が全て相続する
  2. 配偶者と第1順位者(子)が相続する場合
     配偶者が2分の1、第1順位が2分の1の割合で相続する。第1順位の者が複数いる場合は、2分の1をさらに均等分割する。配偶者がいない場合は、第1順位の者がが全て相続する。
  3. 配偶者と第2順位者(直系尊属)が相続する場合
     配偶者が3分の2、第2順位者が3分の1の割合で相続する。第2順位者が複数いる場合は3分の1をさらに均等分割する。配偶者がいない場合は、第2順位者が全て相続する。
  4. 配偶者と第3順位者(兄弟姉妹)が相続する場合
     配偶者が4分の3、第3順位者が4分の1の割合で相続する。第3順位者が複数の場合は、4分の1をさらに均等分割する。配偶者がいない場合は、第3順位者が全て相続する。

図1

 例えば上の図で、父が亡くなった場合、相続人は母と夫と姉と弟となります。相続権割合は母2分の1、夫6分の1、姉6分の1、弟6分の1となります。

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab