相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 相続対策, 相続税 » 不整形な土地の評価

不整形な土地の評価

2011/12/04

不整形形な土地の評価減

土地の形は、全てがきれいな四角形ではあるとは限りません。きれいな形の土地の方が少ないのではないでしょうか。

この様な不整形な土地は使い勝手が悪いため、形状によって評価を減額できる「不整形地補正率」というのがあります。

陰地

不整形な土地の場合は図のように補助線を引いて長方形を作り、長方形になるには足りない部分を「陰地」として計算します。その割合によって0.6から1.0の数値をかけて、評価します。

上記の例の不整形の土地が、きれいな長方形の土地だと100㎡で5000万円の評価の土地として計算してみます。

陰地の面積が50㎡

土地の面積が100㎡

50㎡÷(100㎡+50㎡)=33.33・・・%

陰地割合30%以上35%未満で50㎡未満の住宅地は補正率0.9なので

5000万円×0.9=4500万円

で評価額は  4500万円 で500万円の評価減となります。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab