相続手続き、遺産相続、不動産相続、遺言業務なら 酒井行政書士事務所へ 無料相談受付中(079-227-8772)

HOME » 遺産分割協議

遺産分割協議

遺産分割協議

 相続人が数人いる場合相続が発生すると相続財産は、相続人全員の共有のものとなります。この共有の状態を各相続人に分け与える方法が遺産分割です。

 遺産分割には次のものがあります。

指定分割

 指定分割とは遺言による分割です。遺言による分割の指定は、遺産の全部または一部についても行うことができます。財産の種類だけを指定することや個別の財産の指定をすることもできます。

 相続財産の一部についてだけ指定がある場合は、残りの財産について、相続人同士で話し合いをして分割方法を決めなければなりません。

協議分割

 相続人全員により分割を決める方法です。遺言が存在しない場合はこの方法となります。ただし遺言が存在しても、遺言と異なる分け方とするときはこの方法が優先します。

 相続人の1人が分割の請求をしたときは、他の相続人は応じなければいけません。また協議は相続人全員で行わなければ無効となります。全員が合意すれば法定相続分によらなくても問題ありません。

遺産分割協議書

  1. 遺産分割について話し合いがまとまったら、その内容を記載した遺産分割協議書を作成します。現物を分割する場合は、財産を特定し、取得する人と対応するように明確に記載します。
  2. 分割後は、取得した相続人が単独で、もしくは他の相続人の協力を得て、分割された財産の名義変更の手続きをします。手続きとして、1.不動産の登記、2.預貯金の解約・名義変更、3.株式の名義変更、4.ゴルフ会員権の名義変更などがあげられます。

 遺産分割協議書には相続人全員が署名又は記名押印し、遺産に不動産がある場合は、登記手続きを考慮し、実印を押捺して、これに相続人全員の印鑑登録証明書を添付します。不動産がなくても後々の事を考慮して、できれば同様にすることが望ましいでと思います。

 遺産分割協議書を作成する上で注意すべき点は遺言の有無です。遺言が有る場合その通りの分割で異論はないか、遺言は有ってもその存在を知らない相続人はいないか等を相続人全員で確認する必要があります。

遺産分割協議書の作成

作成書類 遺産分割協議書
添付書類 相続人全員の印鑑登録証明書
作成時期 相続開始後随時
作成者 相続人全員

 遺産分割協議書を作成する場合まず相続分を確定するため相続人財産の調査が必要になります。調査は最寄りの市役所や法務局又は金融機関等で行います。詳しくは名義変更のページをご覧下さい。

お問い合わせはこちら

酒井行政書士事務所
代表者 行政書士 酒井 忠昭
(行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引主任者・FP)
〒671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田4-2
フリーコール 0120-921671
TEL 079-227-8772 / FAX 079-233-4374
mail info@yuigon-sakai.com
営業時間 メールによる相談は24時間
電話は9:00~18:00 日祝休業

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab